骨の密度

歯科医と仰向けの患者

インプラントは歯の機能を取り戻すことが出来る治療法で、入れ歯などでは噛み砕くことが出来ない硬いものを食べる能力を蘇らせることが出来る画期的な治療法です。 噛み砕く力は、骨に伝える事でその能力を蘇らせることが出来ます。 インプラントの治療では、骨に構造体を埋め込む事で、この構造体が骨と結合してしっかりとした土台を作り上げます。 食べ物を噛み砕くの力は、人工歯から構造体を伝わって骨に伝えられるため、入れ歯では食べる事が出来ない硬い食べ物を食べる事が出来るようになります。 また、骨に埋め込む構造体は骨との親和性が高いと言われているチタンであり、顎の骨に構造体を埋め込むと半年程の期間の中で骨と構造体が一体になると言う特徴を持ちます。

インプラント治療では顎の骨に人工歯根を埋め込む必要が有りますが、人工歯根を埋め込む事で噛み砕く力を骨に伝えてくれます。 顎の骨に埋め込む時、骨の密度が問題になるのですが、骨の密度が少ない場合では直ぐに人工歯根を埋め込む事が出来ないため、インプラント治療を行う前に骨を増やす施術を受ける必要が有るのです。 尚、骨を増やすまでには3ヶ月から半年と言う期間が必要になりますので、骨の増量が必要になる場合は、骨の増量に3〜6ヶ月、インプラント治療に3〜6ヶ月が必要になると言われています。 また、これらの治療期間は個人差があり、半年から1年と言われていますが、インプラント治療を受ける事で歯の機能を取り戻すことが出来ると言います。