治療期間

歯科医の手と患者の口

働いている人でインプラント治療に興味があるという人は多いのではないでしょうか。働いている人の場合には歯科に頻繁に通うことは難しいため、治療にかかる期間は気になるところです。インプラント治療は実は長い期間が必要になる治療になります。その理由は人工歯根とあごの骨とが結合するのに期間が必要だからです。通常では約3ヶ月から1年の治療期間が必要になります。さらに骨が少なく、骨をあらたに造る必要がある場合や、歯周病がある場合にはその改善のための治療も必要になります。しかし、問題なくすぐにインプラント治療を行える状態であれば、治療回数と治療時間自体は少なくてすむ治療法のため、仕事に対して大きな負担となることはありません。

インプラント治療が終了したら、その後はその歯を長く維持していくことがもっとも重要になります。そのために必要なのがメンテナンスです。メンテナンスは自宅と歯科の両方で行う必要があります。自宅では丁寧なブラッシングを心がけます。インプラントは虫歯にはなりませんが、細菌の影響を受けやすいため、細菌が内部に入り込まないように歯と歯茎の間を丁寧にブラッシングして清潔を保つようにします。歯科でのメンテナンスは最初の1年は3ヶ月から4ヶ月に1度必要ですが、その後は1年置きぐらいでも大丈夫です。かみ合わせやネジの緩みのチェック、口腔内の衛生状態のチェックなどを行ってくれます。自宅でのメンテナンスが不十分な場合にはアドバイスをもらうことが出来ます。